現在の高齢化社会の一因に、医療の発達が挙げられると思う。ここ数十年で、日本の医療は驚くほどに発達した。そして、それまでならば死んでしまっていただろう命をたくさん救ってきた。医療の発達は、病気で死んでいってしまう幼い命や突然の事故など、あまりにも早く散ってしまう命を救えるようになったという点で、素晴らしいことだと思う。しかしそれが今の超高齢化社会をも生み出してしまった。現在の医療がどれほど発達しているのかを目の当たりにした経験がある。それは私の祖父が病気をした時だ。私の祖父は昔から体が弱く、色々な病気をしていて、80歳を過ぎたあたりで、もうこれ以上手術はできない、もし今後手術が必要な事態が生じた場合には、寿命だと思って諦めてほしい、と医師から言われるような状態だった。そんな祖父が、妹の結婚式の日に突然苦しみ出し、救急搬送された。結果は胆管結石で、管に詰まった大きな石を取り除くしか方法がないのだが、お腹を開けないため治療法がないという、お手上げの状態だった。ところが、祖父が搬送された救命救急の先生が、胆管にチューブのようなものを入れて、レーザーで砕いてみる、と仰った。成功する確率は50パーセント程度だが、治療を希望しますか、と問われ、家族一同、迷わずお願いした。そしてその治療は成功し、祖父は九死に一生を得た。もうダメだと思った祖父が、自宅に戻り、通常の生活ができるまでに回復したのだ。私はその時ほど、医療の発達を実感したことはなかった。

一生に一度のウエディングドレスを選ぶなら!

漫画制作を驚きの低価格で!!

占い 町田

浴室・浴槽塗装・お風呂のリフォーム専門店

着物買取大阪なら無料出張査定にお伺い